(新)タイトルいつ決めるのさ

何かの参考にして頂ければ幸いです。

PCが故障してしまいました

といってもメインPC の中身を更新するに当たって玉突き的にパーツを移植して組み直したサブPC です。こちらの PC に使っているパーツを購入したのは 5年前。故障するにはちと早い気もしますが仕方ありません。まあメインPC じゃなかったのは不幸中の幸いです。

データのバックアップを取っておこうと久しぶりにサブPCを立ち上げたところ、数秒ごとに電源のオン・オフが繰り返される状態で、BIOS さえ立ち上がらなくなってしまいました。どうやら故障が発生してしまったようです。自作PC なので誰かに頼るという訳にはいきませんが、メンテナンスしやすいのは利点の一つ。自分で組み立てたものですしね。取りあえず故障箇所を探していきます。

電源の何らかの安全装置が働いて再起動を繰り返しているような挙動だったので、まずは電源の故障を疑いました。とはいえ、以前に電源の故障に遭遇した時は「バンッ!」という大きな音と共にPCが落ち、その後に高周波音がしていたので電源のコンデンサ辺りが逝ったのだろうと容易に判断できましたが、今回はそのようなこともありません。取りあえず手持ちのかなり古い電源に繋ぎ替えてみましたが同じ挙動だったのでどうやら電源の故障という訳では無さそうです。

帝力 どのみち電源の保証も切れていたので一応中も開けて確認してみました。あ、電源を分解する場合は感電には十分注意してくださいね。コンデンサなどに電荷が残っていて感電する場合がありますので。
取りあえず電解コンデンサ防爆弁が破裂したり噴いたりしている様子は見られませんでした(皺の様に見えているのは光の加減です)し、焼損したりしている部品なども見受けられませんでした。電源がケース内部の空気を取り入れる配置になっていたためか、思いのほか内部が綺麗な状態に保たれていました。(多少は掃除しましたが)

いくつかのマザーボード上のLEDは点灯していたのでマザーボードに通電はされているようです。但し、マザーボード上の「Q Code」という障害特定用のLEDが「00」の表示を示しており、CPUファンも回っていません。「Q Code」の「00」という表示の意味を調べてみたところ、「Not used」という説明がマニュアルに書かれていましたが、これではどこに問題が出ているのかはわかりません。

こういう時は最小構成(CPU+マザーボード+メモリ)から試していくしか無いわけですが、この状態でも全く同じ症状・・・。その後色々試してみて「EPS 12V」の電源ケーブルを繋ぐとこの症状が出ることが分かりました。「EPS 12V」はCPUに電源を供給するためのコネクタです。このコネクタを抜いた状態だとCPUファンが回る(当然電力不足で起動までは出来ませんが)のでどうやらマザーボードのこの辺りのラインが故障してしまったようです。CPU を取り外した状態にして電源を入れてみても同じ挙動を示したので、ここが故障の原因になっているのはまず間違いないでしょう。

こうなってくると怖いのは故障した時に他のパーツも道連れにしてしまう「巻き込み」ですが、とりあえず目視で焼損してしまっている部品も見当たりませんし配線パターンにも剥離などは生じていない様子。CPUの方も外観で特に異常は見られなかったのでとりあえずこの可能性は保留としておきます。

幸い SSD や HDD はノーダメージでした。状態のチェックとデータの吸い出しには以前購入した下の記事で紹介している「デュプリケーター」が役立ってくれました。元々はハードディスクの複製を作るものですが、外付けの USBドライブとして扱えるようになるのでこういった時にも役立ってくれます。

マザーボードが壊れている事はまず間違いないので、中古でもいいかとヤフオク!などを物色してみたのですが、「Haswell Refresh」対応のマザーボードって意外にまだ値を保っているのですね。少なくとも動作の確認が取れているものとなると Z87/H87チップセットのもので安くても 6~7,000円以上、Z97/H97チップセットのものでは 7~8,000円以上はしているようです。LGA1150 のマザーボードは他に持っていなかったので CPU を巻き込んでいない事の確証も取れませんし、このまま中古のマザーボードを調達すべきかどうか悩みました。

気分転換にちょっと調べてみると、今なら AMDRyzen にしてある程度割り切れば相当安く組めるのですね。CPU+マザー+メモリ(DDR3は使えませんしね)は買うとしても大体のパーツは流用できますし、CPUとメモリは生きていればある程度の費用回収もできます。サブPC なのでそこまで性能は必要ありませんし、これならいっそ環境を入れ替えてしまった方が結果的に長く使えるし安く上がりそうだ・・・ということでそちらの方向で考え直してみることにしました。

メモリに関してはその後 AMD FX8300 の 3rd PC(引退させた部品で組んでいるとどうしても増えていくのですよね💦) で Memtest 86 を走らせてみた結果無事動作確認が取れました。ただ、CPU に関しては動作確認するための環境が揃わないので最寄りの PCショップに買取で持ち込みました。これならお店の方で動作確認してくれますしね。その結果・・・残念ながら CPU (Intel Core i7-4790S) もマザーボード (ASUS Z97-Pro) の故障に巻き込まれてしまっていたようです。BIOS は立ち上がるものの、検査ツールを走らせていると再起動を繰り返すとのことで買取不可となってしまいました。CPU が売れてくれれば 1万円くらいの回収はできるかと当てにしていただけに大痛手ではありますが、早計に代わりのマザーボードを調達したりしなくて良かったとホッとしたのでした。あぶないあぶない・・・。


BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール