(新)タイトルいつ決めるのさ

何かの参考にして頂ければ幸いです。

垂水に出現した 4つ目となる ” BE KOBE ” モニュメントを見に行ってきました

神戸市内に点在する ” BE KOBE ” のモニュメント、それぞれ写真撮影スポットとして認知されて来て訪れる人も増えているようですね。サイクリングの目的地としてもこうした構造物は持って来い!ということで、私もこれまでに設置済みの 3箇所の ” BE KOBE ” モニュメントを訪れてきました。

まず 1つ目は「こちらの記事」で紹介している、メリケンパーク内のモニュメント。こちらのモニュメントは非常に立地が良く大人気でなかなか人が途切れないため、人の居ない瞬間の写真を撮ろうとすると難易度が高めです。特に週末の午後なんかはモニュメントの前で撮影の順番待ちの列まで出来ている始末です(笑)。というわけで、下の写真は別の日に もっこす総本店 にラーメンを食べに行くついでに寄った 時のもの。暗くなってくると怪しげ(?)にライトアップされます。

メリケンパーク内モニュメント


2つ目は、ポートアイランドにある神戸学院大学ポートアイランドキャンパスの西岸、「しおさい公園」内に設置されているモニュメント。こちらも立地は悪くありませんが、三宮中心部から少し離れているためか人は少なめです。モニュメントから 10m ほど離れたあたりに半円状に撮影台などが設置されているので自撮りなども比較的行いやすいと思います。こちらも夜間はライトアップされます。神戸港がバックになっていて夜景スポットとしても最適でしょう。「こちらの記事」でもご紹介しています。

ポートアイランドモニュメント


そして 3つ目が、「こちらの記事」で紹介している、神戸市北区の ” 衝原湖 ” に設置されているモニュメント。ここのモニュメントは神戸市西区の神出町から北区の山田町まで続く「神出山田自転車道」の途中に設置されています。アクセス面から言って一番難易度が高いでしょうね。車で行く場合は最寄り(といっても 2km ほど離れていますが)の駐車場に車を置いて歩いて行くしかありません。

自転車で行く場合、「神出山田自転車道」を明石方面から向かうのであればそれほどきつい所はないかと思いますが、サイクリングロードなのに階段を上らなければならないところ(横に押して登れるスロープはあります)があるのには驚くかも知れません。須磨方面から北上する場合はそれなりに登りますのでちょっとお覚悟を。やや交通量のある車道を走ることになるので気をつけて走行してください。

衝原湖モニュメント


衝原湖のモニュメントの周りには街灯も無く、夜間は真っ暗になってしまいます。ダム湖の側ですし、夜が更けてから行くとちょっとした肝試しになってしまいますよ!

■ 4箇所目の ” BE KOBE ” モニュメントが登場!

昨年 11月末の神戸新聞NEXT に以下の様な記事が出ていました。

記事によると、神戸市垂水区で農地を所有していた方が私費を投じて展望台と、神戸市内で 4つ目となる ” BE KOBE ” モニュメントを設置されたのだとか。ゆくゆくは周辺も整備してキャンプ場も開かれる計画なのだそうです。これは是非とも見に行かねばなりませんね(笑)。

今までで一番近い距離にあるモニュメントなのですが、いつでも行ける場所にあると反って中々見に行こうという気にならないもの。そのうち行こうと思いつつ、ずるずると先延ばしになっていましたが、マリンピア神戸の mont-bell に用事があったのでついでにぐるっと回って見に行ってみることにしました。

ただここのモニュメント、ちょっと場所が分かりにくいんですよね・・・。


アクセス 須磨からなら「離宮公園前」交差点を西に向かって県道 21号線(神明道路)を進み、「下畑」交差点を北上して左の地図のルートで行くのが比較的安全なんじゃないかと思います。名谷方面からなら奥須磨公園横を南に下ることになると思いますが、道幅が狭い上にわりと急な下りなのでスピードにはご注意ください。
入り口付近 モニュメントは住宅街の奥にあります。右のちっこい ” BE KOBE ” はキャンプ場が作られる予定の場所の入り口横にある管理棟(まだオープンしていません)の隣に設置されていました。

ここから畑(貸し農園だったそうです)横の細い道を上っていくとモニュメントが設置されている展望台のある場所に出ることが出来ます。
新型コロナの影響もあってキャンプ場としてのオープンは当面延期とのことですが、将来的にこちらでキャンプをお考えの方は直火禁止だそうなので焚き火台等をお忘れ無く。消し炭は管理棟で「炭の火消壺」を貸し出してくれるそうです。また、ペット類を連れて敷地内に入ることも禁止とのことです。

展望デッキ-1 展望デッキ-2


上の広場奥には立派な木製の展望台が設置されていました。コーンが置いてある辺り、まだ作業中なのかも知れませんね。肝心の ” BE KOBE ” モニュメントは展望台の反対側に設置されています。

BE KOBE 垂水-1

こちらへ回ると立派な ” BE KOBE ” がお目見え。ただこちら側は急な坂になっているので、写真撮影に夢中になって転げ落ちたりしないようご注意下さい(笑)。モニュメントをバックにセルフタイマーで自撮りも出来るよう、カメラ台なんかまで設置されていました。

BE KOBE 垂水-2

モニュメントの上に三脚に据え付けられたカメラが見えるかと思いますが、私が行ったとき熱心に夕景を撮影されている方が居られました。私みたいに見に来た方なのかなと思いきや、話しかけられて来られたのでちょっとお話していると、なんとここのオーナーの方でした。「キャンプはされますか?」とお聞きされましたが、ごめんなさい、今のところ自転車キャンプは考えていないのです・・・。\(__ )

パニアはゲットした ので、自転車に積んで持っていって休憩時にお湯を沸かしてコーヒーを飲めるようアルコールストーブとアウトドアチェアはそのうち調達しようかとは思ってるのですがね・・・。テントも一応持ってはいますが、10年以上前に最後に使ってから手入れしていないので開けるのが怖い(苦笑)。

見晴らし

展望台からは ” 絶景 ” とまでは言えませんが見晴らしのいい景色が広がっています。明石海峡大橋の前のマンションとイオンが無ければ良かったのですが・・・。山がちな地形のうえにマンションなどもあるので、南側からはこのモニュメントが見える場所がほとんど無いのは勿体ないですね。

オーナーの方にお礼を言ってモニュメントを後にし、少し北にある「Finbec(ファンベック)」というパン屋さんでいくつかパンを買って帰りました。結構評判の良いお店のようですが、私が行ったのが 18時過ぎだったこともあってほとんどパンが残っていなくて残念。また今度早い時間に行ってみます。


さて、この ” BE KOBE ” モニュメントですが、今後同じ垂水区内の「三井アウトレットパーク マリンピア神戸」や、再整備が予定されている JR新神戸駅前広場にも設置されることになっているようです。どちらもまだ計画段階のようなので、完成はまだ当分先の事になりそうですが、これはまた見に行かなければなりませんね(笑)。