(新)タイトルいつ決めるのさ

何かの参考にして頂ければ幸いです。

OGK KABUTO のスタイリッシュなヘルメット「REZZA-2」レビュー

クロスバイクやロードバイクといった ” スポーツサイクル ” というカテゴリーの自転車は結構なスピードで走行することが可能です。また、車道を走ることが多いと思うのですが、特に交通量の多い場所などでは転倒や事故への備えとしてヘルメットの着用はほぼ必須と言って良いでしょう。今のところ着用が法律で義務付けられているわけではありませんが、頭部さえ無事であれば少なくとも命が助かる確率は飛躍的に上がるそうです。

ヘルメットも、その性能はある程度価格に比例するようです。高価なヘルメットはより軽くなり、衝撃から頭部を守るための素材もより上質のものが使われているようです。あ、ことヘルメットに限っては新品は高いからと言って中古で購入するのはやめておいた方がいいですよ。ヘルメットに使われている素材は経年劣化があるらしく、自転車用のものの場合は 3年程度が目安とされているそうです。命にも関わりかねない部分ですから、ここはケチっていいところではありません。必ず新品を買うようにしましょう。

予算の範囲内で出来るだけ性能の良いものを選びたいところですが、被ったときの頭の形へのフィット感も重視したいところ。欧米人と日本人では頭の形がだいぶ違うそうで、海外メーカーのヘルメットを寸法だけで選んで買ってしまうと側頭部に圧迫感が出たりといったことがあるそうです。海外メーカー製のヘルメットでも「アジアンフィット」と呼ばれるアジア系の人の頭の形に合わせて作られたモデルを発売しているところもあるので、そうした製品を選ぶのが良いようです。

今回は「OGK KABUTO」の「REZZA-2」というモデルを購入してみました。価格と性能・デザインのバランスが良く、定番と言って良いモデルではないかと思います。OGK KABUTO は国内メーカーなので日本人の頭部へのフィット感も心配ありません。JCF(Japan Cycling Federation:日本自転車競技連盟)の公認も受けているので、レースに出場する際に使用することも出来るそうです。


下の記事でもちらっと紹介しているのですが、もう少しきちんとレビューしてみたいと思います。

ヘルメットもシューズなどと同様、実際に店頭で試着してみるのが一番なのは間違いありませんが、通販で買う場合は Amazon など比較的返品・交換の効きやすいところで買うのも良いでしょう。ヘルメットって結構な大きさですからね。車ならいいですが、電車やバスで持って帰ろうとすると結構な荷物になってしまいます。

「REZZA-2」のカラーは、パールホワイト、ブラック、マットブラック、G-1 マットシルバー、G-1 マットブルー、G-1 マットレッド、G-1 マットターコイズの全 7色となっています。私は「マットブラック」を選んでみました。バリエーションが豊富でバイクのカラーに合わせたりできるのはいいですね。

REZZA-2 付属品

付属品は着脱式のバイザーと取扱説明書だけです。取扱説明書は「こちら」から PDFファイルを入手することが出来るのでスマホなどに保存しておくのも良いでしょう。

バイザーは嵌め込み式になっているので簡単に着脱することができます。また、別売りオプションでバイクのヘルメットのようなシールドを装着することも出来るようになっています。度付きのサングラスも Oakley などの販売店に行けば作って貰うことも出来ますが 4~5万円程度にはなってしまうようですし、普段眼鏡で生活している人にとってはヘルメットにシールドを装着できるのは有り難いんじゃないでしょうか。(シールド装着時はバイザーと併用することはできません。)


持ってみるとその軽さにまず驚きます。それもそのはず、M/Lサイズのものはバイザー込みで 245g しかありません。樹脂製のシェルに発泡スチロールのような素材が一体成形された構造になっています。事故や転倒の際は上手い具合にヘルメットが潰れることで頭を守ってくれるようですね。

ヘルメット内部 A.I.ネット


山中や河原の近くなどを走っていると虫の大群の中に突っ込んでしまうことが結構あるかと思いますが、REZZA-2 には「A.I.(Anti Insect)ネット」という、ヘルメットの開口部からの虫の侵入を防いでくれるメッシュ構造のインナーパッドが装着されています。このパッドは取り外して洗うことも出来るので汗などで濡れてしまっても清潔に保っておくことができて安心です。

アジャスター 「REZZA-2」のサイズは M/L(頭周 57~60cm)と XL/XXL(同 61~64cm)の 2種が用意されています。私は頭の外周だけメジャーで測ってネットで注文しましたが、「XF-8 アジャスター」という調節機構が装備されているおかげで、後頭部のダイヤルを回して簡単にフィット感の調整が出来るようになっています。アジャスターは締め付け具合だけでなく上下の位置も調節出来るので、頭のサイズや形に合わせてしっかりホールドしてくれます。
バイザーを装着してみました。なかなかスタイリッシュな感じではないでしょうか。所謂「キノコ頭」っぽさはあまりないのではないかと思います。オプションパーツには先ほど触れたシールドとアタッチメントの他、A.I.ネットの交換パーツなども用意されています。

REZZA-2 バイザー装着

国内メーカーの設計という事で安心感もあります。冒頭でも触れたようにヘルメットには「耐用年数」があるとのことなので、あまり高価なヘルメットを買っても買いかえに躊躇してしまっては元の木阿弥。REZZA-2 なら 8,000円前後ということでコストパフォーマンスも抜群では無いかと思います。

この 1ヶ月ほど使っていますが、アジャスターが秀逸なおかげでフィット感が抜群です。走行中にズレるようなことはまずありません。ただ、A.I.ネットがあるせいか通気性は今ひとつなようで、休憩などでヘルメットを脱ぐと内部がぐっしょり濡れています。まあ虫が入ってくるよりはよっぽどましだと思うのでここは致し方ないですね。A.I.ネットは時々取り外して手洗いするようにしています。