(新)タイトルいつ決めるのさ

何かの参考にして頂ければ幸いです。


※ 当ブログではアフィリエイト広告により得た収益を運営費に充てさせて頂いております。(詳細はクリック)※
当ブログではアフィリエイト広告により得た収益をブログの運営・維持費に充てさせて頂いております。提携して
おります ASP につきましては「プライバシーポリシー」よりご確認下さい。尚、企業様より商品またはサービス
の提供を受けて掲載した記事につきましては、別途「PR・プロモーション」カテゴリに分類し、記事冒頭にその旨
を分かりやすく記載するよう心掛けております。また、当ブログ記事の記載内容や広告の掲載方法に関するご指摘
がございましたら「こちらのフォーム」よりお問い合わせ下さい。

補給食・行動食として最適?!井村屋の ” スポーツようかん ” なるものを買ってみました

「井村屋」と聞くと「あずきバー」を思い浮かべる人は多いんじゃないでしょうか。他にも「宇治金時バー」や羊羹、中華まん、ぜんざいなど ” 小豆 ” をテーマにした食品を数多く発売している会社ですが、実は 1896年創業の老舗菓子店で、現在は「井村屋グループ」として東証プライム市場にも上場しています。株主優待も実施していますが、内容的にはちょっと渋いかな・・・。

スポーツ羊羹-1 そんな井村屋さんが「スポーツようかん」なるものを発売していることを知ったので、サイクリングの補給食・非常食としていいんじゃないかと思い、実際に買って試してみることにしました。

普通のあずきの羊羹とカカオ入り羊羹の 2種類があり、だいたい 10本入って 1,000円くらい(カカオ入りは少し高い)のようです。
今回はお試しということで、普通のあずきタイプのものを 1箱(10本)買ってみました。

スポーツ羊羹-2 スポーツ羊羹-3


1本あたりの重さは、あずきタイプが 40g、カカオ入りが 38g です。普通タイプが 1本 113㎉ なのに対してカカオ入りは 124㎉ と、僅かですがカカオ入りの方が軽い上にエネルギー量も大きいようですね。

一体全体どの辺が ” スポーツ ” 羊羹なのかと言いますと・・・。

スポーツ羊羹-4 スポーツ羊羹-5 スポーツ羊羹-6


このように片手で簡単に食べることが出来るのですよね。切り口を切り取る必要すら無く、1回目はバーの真ん中を、2回目はバーの一番下を親指でギュッと押すだけでニュルッと羊羹が出てきますので余計なゴミも出ません。私はしませんが、これなら走りながら食べるのも容易でしょう。よく考えられてます。

味は極々一般的な羊羹の味です。運動を続けて大量の汗を掻くと、体内の水分と共にナトリウムやカリウムなどの電解質やミネラルも不足して足がつったりする原因になりますが、こちらの羊羹ならそれらの成分も含まれているので補給食としてはちょうど良さそうです。もちろん水分補給も忘れずに!

食べるときに手も汚れませんし、しつこい甘さは無いので、疲れていてもこれならすぐに食べられるでしょう。田舎を走っていると全くお店が無い場所もあるので、自転車のトップチューブバッグに何本か入れて持っていくようにしようと思います。今度はカカオの方も試してみましょうかね。

1本ずつ個装されたスティック状なので嵩張りません。適度な甘さを口にすることで元気も出ますので、サイクリングだけでなく、ランニングや登山・トレッキングなどのお供としても最適でしょう。