(新)タイトルいつ決めるのさ

何かの参考にして頂ければ幸いです。

スマホを機種変更し、電話番号も変える場合の PayPay アカウントの引継ぎ方(2020年5月時点)

「PayPay」のキャンペーンを使った急速な普及によって日本でも「QRコード決済」が一気に認知されましたね。支払い金額を手入力する必要がある「スキャン支払い」や、JCB カードが登録出来ないなど不便な部分もありますが、やはり小銭を持ち歩かなくても良いというのはとても便利なものです。

そんな便利な PayPay ですが、スマホの機種変更を行ったり携帯回線の電話番号が変わった場合にきちんと残高の引継ぎができるのか不安に思う方も居られるのではないでしょうか。実際 PayPay では、引継ぎをせずにうっかり新しい端末で新しいアカウントを作ってしまった場合などであってもアカウントを統合して 1つにする事はできないのだそうです

スマホの機種変更だけでなく電話番号も変更する場合に特に気をつけなければいけないのがスマホの SMS を使った「二段階認証」。きちんと手順を踏んで移行させておかないと運営に連絡が必要になったりと余計な手間が掛かりかねません。

スマホの機種を変更し更に電話番号も変える場合は、まず PayPay アカウントを新しい機種に移した上で電話番号を変更するという二段階の手続きが必要になるようです。取りあえずは古い電話番号の SMS で認証すれば使えますが、電話番号もきちんと変えておかないと後々ログアウトなどで再認証が必要になった時に困ったことになります。そこでそうならない為に手順を残しておくことにします。

■ スマホの機種を変えた時の PayPayアカウントの引継ぎ方

スマホの機種を変えるだけの場合や MNP で電話番号を引き継ぐのであればそうややこしい話ではありません。手順としては以下の通り。

  1. 新しい端末に PayPay アプリをインストール。
  2. PayPay のアカウントで使用していた携帯電話番号とパスワードでログイン。
      (PayPayアカウント作成時に Yahoo!ソフトバンクY!mobile のアカウントを使った場合
       はそちらでログインして下さい。)

下のSSは Yahoo! のアカウントを使ってアカウントを引き継ぐ際の例です。Yahoo! のアカウントは通常 SMS で 2段階認証するようになっていますが、事情によりメールで送られてくる「ワンタイムパスワード」を使うように変更しています。(この場合は SMS認証は不要です。)

PayPay機種変更

電話番号を変えない場合はここまでで今まで通り PayPay を使い続けることが出来ます。

■ 機種変更に加えて PayPayアカウントの電話番号も変える場合

PayPayアカウントの電話番号も変える場合は新しい携帯電話番号の SMS による認証が必須のようです。

ひとまず上記の手順で古い電話番号を使って PayPay のアカウントを引き継いでおき、アプリ右下の「アカウント」から「アカウント情報」を開きます。「携帯電話番号」をタッチすると新しい携帯電話番号を入力する画面に移ります。

PayPay電番変更1

次に「ログインパスワード」を入力します。ここの「ログインパスワード」は PayPayアカウントのパスワードです。Yahoo!アカウントのパスワードなどではないのでご注意ください。認証が済んだら新しい携帯電話番号を入力します。すぐに SMS で認証コードが届くのでそちらを入力すれば電話番号変更手続きは完了です。

PayPay電番変更2 電話番号の変更を行う場合は SMS認証が必須なので、ローミングエリアで楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」を使う場合などは要注意です。(特に iPhone を使う場合は楽天モバイルの自社回線エリアに赴いたり「Rakuten Casa」を導入するなどの対処が必要になる事があります。)

既に携帯番号を変更して元の電話は解約してしまっており、既存の PayPayアカウントにログイン出来ない状態になってしまっている場合は PayPay のカスタマーサポート(0120-990-635:2020年5月現在)に連絡して指示を仰ぐほかありません。アプリを消したりスマホ回線を解約する前に忘れないよう手続きはしておきましう。

実は PayPay のサービスが始まってしばらくはこのような電話番号の変更はできず、新しいアカウントを作るほかありませんでしたがさすがに苦情も多かったのでしょうね。いつの間にか変更手続きができるようになっていました。タイトルにもあるようにこれは「2020年5月」時点での方法です。今後変更されることもあるかも知れませんのでその点はご留意願います。