(新)タイトルいつ決めるのさ

何かの参考にして頂ければ幸いです。

MEDiK の充電式マスク除菌ケース「MDK-M03」が届きました

先日の記事でクラウドファンディングサイトの Makuake から購入支援として参加していた充電式マスク除菌ケースが届きました。マスクをケースに入れることで乾燥と UVライトによる除菌を行ってくれるという充電式のマスク除菌ケースなのですが、2021年1月25日の募集〆切りからなんと僅か 4日でリターンが届きました。いくら購入支援型だったとは言え、クラウドファンディングとしては驚くべき早さです。

参加していたのはこちらの案件 ⬇

最終的には 1,495人から 1,100万円以上が集まったようです。こちらの製品、以前に Makuake で募集されていた第 2世代のモデルが「MDK-M02」という品番で既に Amazon などで販売中で、今回の案件のものはその改良型で第 3世代のモデルにあたります。こちらも近日中に一般販売が始められるのでしょう。

第 1弾の製品は、今世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスが広まる前の 2019年10月末にクラウドファンディングとして成立していましたが、当時はインフルエンザの流行に照準を合わせたものであったこともあり、それ程話題になったわけではありませんでした。

ところが欧州などで所謂 ” ロックダウン ” が行われる程に新型コロナウイルスが猛威を振るう中、紫外線の出力上昇や光源からより広い範囲に光を照射できるようにするなどの改良を加えた上で第 2弾のプロジェクトとして再度クラウドファンディングが行われました。4月末に締め切られたこの第 2弾は、前回と同じ 20万円という低い目標金額が設定されていたのですが、なんと 3万人弱もの支援者から 2億円以上を集めるというとんでもない規模になったようです。その後 Amazon などで市販されており、レビューを見る限り評判も上々のようです。

そして「MDK-M02」に乾燥と除菌に掛かる時間の短縮や UV光源の効率と光量の増強などといった更なる改良が加えられ、第 3弾のプロジェクトとして「MDK-M03」の募集が行われたということのようですね。既に販売実績のある製品の改良モデルであるということと、市販前の販売試験的な位置付けの案件であったことがスピード出荷の要因だったということでしょうか。

プロジェクトを主催していた「MEDIK」という企業は、主に病院向けの医療設備を取り扱っているところなのだそうです。この充電式マスク除菌ケースの他にも複数のプロジェクトを Makuake で成功裏に終えており、プロジェクト頓挫や出荷遅延などがありがちなクラウドファンディングとしては少なくとも安心して参加できる案件でした。


「MDK-M02」は白色のケースしかカラーが選べませんでしたが、第三世代となる「MDK-M03」には白と黒のバリエーションが用意されました。もうすぐにでも市販できる状態のパッケージですね。1年間の無償修理保証も付いています。(問い合わせ、修理依頼など全て日本国内で可能です。)

MDK-M03-1 MDK-M03-2


本体と説明書以外に Micro USB - USB Type-A ケーブルとアクリル製のスタンド、ストラップが付属していました。電化製品の説明書などでは字が細かいことが多いですが、本製品のクイックガイドとケースの開け方の書かれた紙はかなり大きく書かれていました。年配の方の使用を考慮してのことなのでしょうかね。特にケースの開け方については動画まで用意されているようですが、余程以前の製品で問い合わせなり苦情なりがあったのでしょうか?少なくとも私の場合は何の問題も無く簡単に開けることができましたが・・・。

MDK-M03-3 MDK-M03-4


本体には 1,300 mA のバッテリーが内蔵されており、付属の MicroUSBケーブルを使ってスマホ用の充電器などから充電を行うようになっています。USBテスターを間に入れてみたみたところ、だいたい 5.1V 0.35A 程度で充電されるようでした。空の状態から満充電まではおよそ 3時間程度とのことで、満充電の状態で除菌+乾燥モードで使用した場合、12~13回程度使う事ができるようです。

MDK-M03-5 バッテリーの状態表示用 LED ですが、充電中は赤の点滅で表され、充電完了後は赤で点灯状態となるようです。てっきり充電完了後は消灯するものと思い込んでいたのでえらく充電に時間が掛かるなと思っていました(苦笑)。

ケースのサイズは 130x130x36mm。重さは 170gと軽いので鞄などに入れて持ち運ぶことも容易です。

電源ボタンの操作方法は以下の通り。除菌+乾燥モードがデフォルトの状態です。

電源 ON / OFF 2秒以上長押し
除菌 only 稼働中に電源ボタンを 1回押す
乾燥 only 稼働中に電源ボタンを 2回押す

MDK-M03-6 不織布マスクの場合はケース内に入れてしまって使えば良いですが、アシックスの「ランナーズフェイスカバー」やアンダーアーマーの「UAスポーツマスク」のような大型のものは、左の写真の様に本体のカバーを外してアクリルスタンドで立てて透明の部分に乗せて使う感じになります。乾燥も動じに行う場合は、10,000 rpm と小型で高速のファンを搭載しているので稼働中はそれなりに音が出ます。静かな環境で使うとちょっと気になるかも知れません。
MDK-M03-7 UV-C (深紫外線)は医療現場や調理場の消毒などに使われている殺菌力の高い紫外線です。「MDK-M03」では UV-C LED の出力を前モデルの 3mW から 6mW へと引き上げており、更に両隣の日光除菌程度の効果があるという UV-A の LED で除菌能力を高めているとのこと。ちなみに紫外線は照射されていても人間の目には見えませんが、光っているかどうか分からないからと言って LED光源を直視することはしない方がよいです。人体に影響が出ない程度だとは書かれていますけどね。

透明のパーツはスライドさせることで上の写真の様に簡単に取り外すことができます。この状態で使用することも可能で、マウスやキーボードの除菌や、アクリルスタンドと組み合わせて歯ブラシなどの除菌などにも使えるようです。まな板なんかにもいいかも知れませんね。

肝心の殺菌効果のほどですが・・・はっきり言って分かりません!菌やウイルスは目には見えないですからね・・・。シャーレに採って培養でもしてみないと目で分かる状態にはなりません。ただ少なくとも石鹸の匂い(スポーツ用マスクはランニングの後風呂で洗っているので)はかなり和らいでいるので、ある程度の消臭効果がある事は確かなようです。この手の製品はメーカーを信用できるかどうかというところでしょうね。

ほとんど汚れも無い不織布のマスクを一度使っただけで捨ててしまうのは勿体ないですし(ケチで御免なさい \(__ ))、スポーツ用マスクなど洗濯して繰り返し使えるタイプのマスクであっても漂白剤や天日干し NG というマスクがほとんどだと思います。気休めでしかないのかも知れませんが、こういうものもひとつくらい持っていてもいいのかなと思いますがどうでしょうか?但し購入するかどうかの判断はご自分でなさって下さいね。


※ 追記 ※


楽天の方で市販が始まっているようです。Makuake のアカウントの方には依頼していたウイルス検査の結果が出たとのメールが届きました。メールの内容は「こちら」でも確認出来るかと思いますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。まあ、私達が直接確認出来るわけでも無いので、ご参考程度に。届いた機械は今のところ問題無く使用できています。
(2021.5.29)