(新)タイトルいつ決めるのさ

何かの参考にして頂ければ幸いです。

ホクト(東証1部・1379)から株主優待品が届きました

キノコ生産大手のホクトから今年の株主優待品が届きました。毎年楽しみにしているものの一つです。

ホクト優待2020

中々味のある外箱です(笑)。今年も下記の 3つのコースの中から 1つを選択する形式でした。

A 健康セット アガリクス100%エキスx1本
梅香るアガリクスエキスx1本
ヤマブシタケ「記憶の素」x7日分
ホクトの青汁x1袋(21包入)
B レトルトセット ホクトのエリンギまるごと使った菌活・贅沢カレーx1個
ホクトのマイタケまるごと使った菌活・贅沢カレーx1個
きのこ屋が作った炊き込みご飯の素(3合用)x2個
きのこ屋が作った三種の国産きのこ水煮x2個
C きのこ・レトルトセット きのこx2パック
ホクトのエリンギまるごと使った菌活・贅沢カレーx1個
ホクトのマイタケまるごと使った菌活・贅沢カレーx1個
きのこ屋が作った炊き込みご飯の素(3合用)x1個

今年も「Cコース」のレトルトカレーとキノコのセットを申し込んでみました。昨年のブナシメジの代わりにまたエリンギが復活したようです。この中に入っている炊き込みご飯の素がかなり美味しいのですが、同梱されていたキノコを追加するとより美味しさがアップするのでお薦めです。「霜降りヒラタケ」から非常に良い出汁がでるのですよね。霜降りヒラタケは普段でも時々購入してパスタの具材などに使うようになっています。他にキノコを使ったレシピ集と優待販売(通販)の案内などが入っているのはいつも通りです。

優待の権利日は 3月末日で普通株式 100株(1単元)以上の保有者に権利が付与されます。株主総会の時期に送られてくる申込書(6月頃)で 3種類の中から 1点を選択する形です。所有株式数の多い少ないによる優待内容の差はありません。

ホクトは国内キノコ生産の最大手で、ブナシメジ(ブナピー含む)・エリンギ・マイタケや数年前に新開発した霜降りヒラタケなどの生産のほか、レトルト食品や健康食品を製造・販売しています。海外展開にも積極的で米国や台湾・マレーシアなどでも生産しており、キノコの生産量は順調に伸びているようです。昨年は台風の影響で主力工場の 1つや研究施設が被災するなど大変な被害に見舞われましたが、6月中旬には出荷を再開できるところにまで復旧しています。また、昨年9月からは「一番採り 生どんこ」の商品名で椎茸の出荷も始まっています。

今年については新型コロナの影響から内食志向が強まったことや免疫力向上への関心の高まりなどからきのこ価格も堅調に推移し、業績も順調に推移しているようです。財務内容も安定していると言えますし、配当利回りも 2.5%~3%程度、優待もあるということで NISA口座に放り込んでおくには悪く無い銘柄ではないかと思います。10月14日には三重県に新たな工場の建設を発表しています。


こちらは 2019年分の優待になります。下記 3点の中から 1点を選択する形でした。

ホクト 2019
 A. 健康セット
    アガリクスエキスや青汁など自社製品
 B. レトルトセット
    キノコ入りレトルトカレー 2種、
    炊き込みご飯の素、ミートソース
 C. きのこ・レトルトセット
    きのこ 2種、炊き込みご飯の素、
    キノコ入りレトルトカレー 2種

前年と同じ「Cコース」のレトルトカレーとキノコのセットを申し込んだのですが、昨年のエリンギの代わりにブナシメジが入っていました。霜降りヒラタケは優待で食べてなかったらおいしさを知らなかったでしょうね。

2019年はホクトにとっては大変な年となりました。台風 19号の影響で千曲川の堤防が決壊し、長野北部に甚大な被害が生じたニュースに衝撃を受けた方は多かったと思いますが、ホクトでもエリンギ生産工場の主力のひとつである「赤沼きのこセンター」が水没して生産中のエリンギが全滅してしまったという事が大きく報じられました。この工場以外にも、きのこ総合研究所シイタケ栽培技術研究棟と、子会社であるホクト産業(株)の豊野工場が浸水被害を受けたそうで、2020年2月の第3四半期決算に於いて 特別損失として約 24.6億円を計上しています。

この影響で優待品の内容がエリンギからブナシメジに変更になったのかどうかまでは分かりませんが、食品の生産に関わる設備なので流れ込んだ泥を掻き出した後も徹底的な洗浄と消毒などは必須でしたしょうし、復旧には相当な時間と費用が掛かることと思われましたが、連日復旧作業を進められた甲斐もあって 2020年の 6月頃から収穫と出荷を再開できるところまで漕ぎ着けられたようです。 大変な状況の中、迅速な復旧作業に当たられた方々には本当に頭の下がる思いです。


こちらは 2018年分の優待になります。下記から 1点を選択する形でした。

   A.健康セット(アガリクスエキス、青汁等の詰合せ)
   B.レトルトセット(レトルトカレー、炊き込みご飯の素、ミートソースの詰合せ)
   C.きのこ・レトルトセット(きのこ2種、レトルトカレー、炊き込みご飯の素詰合せ)

(申込をしなかった場合はBのレトルトセットが送られてきます。)

ホクト 優待18-2 Cコースの箱の中身は、
 霜降りヒラタケ(約100g)x1パック
 エリンギ(約100g)     x1パック
 キノコ入り炊き込みご飯の素 x1回分
 キノコ入りカレー      x2食分
  (エリンギを使ったものとマイタケを使
   たものが1箱ずつ)
で、2017年のものとほぼ同じ内容でした。
私は健康食品というものが嫌いなのでアガリスクなどは興味すらありませんが、炊き込みご飯の素は美味しかったので買ってみてもいいかなとは思います。キノコの半分はパスタの具として使い、もう半分は炊き込みご飯の素に追加で投入しました。霜降りヒラタケはこれがまたほんとにいい出汁が出るんですよ。新たに生産を始めた椎茸なんかも入ってないかなと期待していたのですがそれは叶いませんでした。

ホクト 優待18-1 このような感じのユニークな専用の箱に入れて届けてくれます。どうでもいいですけどこのパッケージには「きのこ組」なるホクトのきのこのイメージキャラクターが描かれています。ちなみにャラクター達の名前や性格については「こちら」で紹介されています。いや、ほんとどうでもいいんですけどね(笑)。なにやら色々とグッズも発売されているようです。


こちらは 2017年分の優待になります。前年までは各種キノコの詰め合わせのみでしたが、2017年は総会の頃に送られてくる申込書(6月頃)で下記から 1点を選択する形になりました。

f:id:Vulpes-ferrilata:20200107125005j:plain:w380,left 中身は、
 霜降りヒラタケ(約100g) x1パック
 エリンギ(約100g)       x1パック
 キノコ入り炊き込みご飯の素 x1回分
 キノコ入りカレー      x2食分
  (デュクセルソースとトマトソース
   が1箱ずつ)

他にキノコを使ったレシピ集と優待販売(通販)の案内などが入っていました。
霜降りヒラタケはとりあえず味を確認してみたかったので、早速エリンギとシメジも併せてホイル焼きにしてみました。縦半分に切って芽を取り除いた後包丁の腹で軽く叩き潰したニンニク一片、適当な大きさに切って塩胡椒をした鶏もも肉とキノコ達にオリーブ油を振りかけ、軽く馴染ませてホイルに包んで焼くだけです。初めは魚用のグリルで焼こうとしたのですが、うちのコンロは頭がいいんだか悪いんだか勝手に火を落としたりするので温度が上がらないので諦めてオーブンレンジを使うことにしました。250度に余熱して 10分程放り込んだところキノコの水分が出ていい感じに蒸し焼きになりました。ホイルを開けるとホワッとキノコのいい香りが漂います。美味い!肉厚のヒラタケはとてもジューシーで酒の肴にももってこいです。そして残ったスープがまた旨みたっぷりで絶品でした。

霜降りヒラタケはパスタや中華餡を使った料理(焼きそばや八宝菜など)によく合うだろうなと思いました。存在感もあるのでフレンチのガルニなどにも使いやすいかも知れません。天ぷらなんかも良さそうです。

後日炊き込みご飯の素も使ってみました。炊き上がりの色が薄かったので味も薄味なのかと思いましたが、たっぷり入っているキノコの香りが口中で広がり、適度な歯ごたえもあってとても美味しく頂くことができました。追加で霜降りヒラタケを入れれば更にいい出汁がでて美味しくなりそうです。この炊き込みご飯の素も売っているのを見つけたらストックしておこうかと思います。

株主優待ハンドブック 2020-2021年版 (日経ムック)

株主優待ハンドブック 2020-2021年版 (日経ムック)

  • 発売日: 2020/07/16
  • メディア: ムック