(新)タイトルいつ決めるのさ

何かの参考にして頂ければ幸いです。

サブウーファーの音量を手元で調節できるように FOSTEX のボリューム・コントローラー「PC-1e」を入れてみました

先日サブウーファーを「 FOSTEX PM-SUB8」 へ変更しました。操作パネルが背面にあって弄りにくいので普段はオートスタンバイ機能をONにして使っているのですが、信号の入力レベルに反応するためにどうしても欲しいなと思う時になかなかサブウーファーが起きてくれなかったり、逆に深夜で今は必要ないのにという時でも鳴り始めたりしてしまうことがあります。

f:id:Vulpes-ferrilata:20200110012041j:plain:w350,left そこでAVアンプの Subwoofer Preout 端子とPM-SUB8の間に同じ FOSTEX から発売されている「PC-1e」というボリューム・コントローラーを入れてやることにしました。見ての通り、2連の可変抵抗を使って信号レベルを絞るだけの極々単純な製品です。6cm 四方くらいの手の平に乗る大きさですが裏には滑り止めもあり、筐体も金属製で作りはしっかりしています。部品を集めて自作することも充分可能ですが、2千円ちょっとですしケース加工の手間や価格を考えると素直に買ってしまった方がいいでしょう。これをベースに改造している方もいらっしゃるようです。 入力側が φ3.5mm ステレオミニジャック、出力側が RCAピン(L,R)となっています。逆差しをするとボリュームを絞った時に信号が出力側でショートするのでしない方がいいです。最悪機器破損に繋がりかねません。

AVアンプの Subwoofer Preout と接続するのに当たってモノラル RCA→3.5mm ミニプラグというケーブルは市場で見かけなかったので、Amazon basic のサブウーファー用ケーブル(値段の割になかなかしっかりしたケーブルです。)の片方をちょん切って 3.5mm ミニプラグに付け替えて使う事にしました。安価なケーブルだとこうした事をするのに抵抗感を感じなくて済むのでよいです。

f:id:Vulpes-ferrilata:20200110013429j:plain:w250,right 付け替える 3.5mm ミニプラグには Φ2.5mm~5.0mm までのケーブルが使える AMPHENOL の「KS3PC-AUを使ってみました。絶縁確保用のチューブも付属しています。Hot 側の端子にはガイド穴が空いていてとても半田づけし易くなっていますが、Cold 側はそうしたガイド穴が無いので端子部に予備ハンダを施しておかないとやりにくいと思います。また、ケーブル保護用のゴムブッシュが付属していますが、今回使用した Amazon のケーブルは通せなかったので使用せずに別途熱収縮チューブで補強しておきました。

f:id:Vulpes-ferrilata:20200110013818j:plain:w350,left RCAケーブルでサブウーファーとの接続を済ませた後、AVアンプ側のサブウーファー出力を少し高めに設定しておいてオートスタンバイ機能が反応しやすくしつつサブウーファー本体のボリュームを小さめにして使う事にしました。これでサブウーファーが必要ない時は PC-1e のボリュームを絞っておけば起動させずに済みます。ボリュームノブに一応窪みはありますが、特に暗いと触ってもボリュームがどの辺りにあるのか分かりにくい事だけが残念です。
やはりわざわざサブウーファーの背面に手を伸ばしてボリューム調節をせずに手元でできるというのは非常に便利ですね。金属筐体なので机上に置いても安っぽさは感じません。

FOSTEX ボリューム・コントローラー PC-1e(B) ブラック

FOSTEX ボリューム・コントローラー PC-1e(B) ブラック

  • 発売日: 2010/07/11
  • メディア: エレクトロニクス