(新)タイトルいつ決めるのさ

何かの参考にして頂ければ幸いです。


▼ 当ブログはアフィリエイトサービスを利用しており、リンクにはプロモーションが含まれます ▼
当ブログではアフィリエイト広告により得た収益をブログの運営・維持に充てさせて頂いております。提携しております ASP につきましては「プライバシーポリシー」よりご確認下さい。
尚、企業様より商品またはサービスの提供を受けて掲載した記事につきましては、別途「PR・プロモーション」カテゴリに分類し、記事冒頭にその旨を分かりやすく記載するよう心掛けております。
当ブログ記事の記載内容や広告の掲載方法に関するご指摘がございましたら「こちらのフォーム」よりお問い合わせ下さい。

楽天グループ(東証プライム市場・証券コード 4755)の株主優待

楽天グループ(東証プライム市場・証券コード 4755)から株主優待の案内が届きました。インターネットショッピングモールの「楽天市場」を筆頭に「樂天証券」「楽天モバイル」などを擁する IT企業集団です。1997年創業と、まだまだ若い会社ですが、M&A や業務提携を繰り返すことで急激に成長してきました。反面、色々と問題を抱えてきたことも事実で、三木谷社長の手法に反感を持つ人も多いようですね。

現在は通信・金融・不動産・スポーツなど様々な事業を営んでおり、かつては FCバルセロナとパートナーシップを結んでいましたし、国内スポーツではヴィッセル神戸、東北楽天ゴールデンイーグルスの運営を行うなどスポーツ振興にも積極的です。イニエスタが日本に来てくれたのは FCバルセロナとの縁があったからこそでしょう。

日本郵便と資本・業務提携も行っており、配送網の活用や、郵便局内にスペースを借りて楽天モバイルの店舗を作ったりしているようですが、こちらはなかなか効果が上がっていないようですね。

経営的には第4の MNOサービスとして立ち上げたばかりの楽天モバイルの設備投資負担が重く、当分は厳しい財務環境が続きそうです。まあこれについてはドコモや au、ソフトバンクが 10年以上掛けて構築してきた通信網作りを僅かな年数で行おうとしているので致し方ないかなとは思います。初期の見通しが甘かった点は否めないでしょうが、この数年が踏ん張り処ですね。投資はそろそろ一段落するでしょうから、財務改善まで市場環境が許してくれるといいのですが。

■ 楽天グループの株主優待の内容

楽天グループの株主優待を受けるには「申込」が必要です。株主優待申込専用サイト で ID(株主番号)とパスワードを入力してログインし、2023年4月28日(金)16時59分までに手続きを済ませないと失効してしまうので、早めに申込をしておいた方が良いでしょう。ID とパスワードは株主総会の招集通知に同封されています。

優待専用サイト

楽天グループの 2022年12月期の株主優待は、

  ① 保有株式数と保有継続期間に応じた楽天キャッシュの付与
  ② NBA Rakuten が 3ヶ月視聴無料となる「LEAGUE PASS」
  ③ 楽天ミュージック 90日間無料体験
  ④ 楽天マガジン 90日間無料体験
  ⑤ お買いものパンダグッズ抽選

の 5種です。以前にあった「楽天トラベル」の宿泊クーポンは無くなってしまった模様。②は既に登録していた人でも再度視聴出来るようですが、③と④の無料体験については初回登録者限定となります。

「楽天キャッシュ」の付与条件は以下の通り。

保有継続期間 保有株式数 楽天キャッシュ付与額
5年未満 100 ~ 999 株 500円分
1,000 ~ 4,999 株 1,000円分
5,000 ~ 9,999 株 1,500円分
10,000 株以上 2,000円分
5年以上 100 ~ 999 株 1,000円分
1,000 ~ 4,999 株 1,500円分
5,000 ~ 9,999 株 2,000円分
10,000 株以上 2,500円分

※ 2023年3月現在

■ 権利日と注意点

株主優待の権利は毎年 12月末日時点で 1単元(100株)以上の株式を保有していれば取得することが出来ます。上記の様に自分で「申込」をする必要がある点にはご注意下さい。

長期優待を狙う場合は、株主名簿に同一の株主番号で連続して記載または記録された回数が判定基準になっていることに気をつけて下さい。今回(2022年12月期)の場合は、2017年12月31日時点の株主名簿を計算の起点として、株主名簿確定基準日(6月30日および 12月31日)の株主名簿に、同一株主番号で連続 11回以上記載または記録された株主が対象となります。

相続・贈与・婚姻・転居などによって住所や氏名に変更があった場合や、貸株サービスの利用により株式の名義が変わった場合などに株主番号が変わってしまう場合がありますが、このような場合は長期保有者と見做されなくなってしまう可能性があります。

また、株式移管によって証券会社を変更した場合や、株式の保管を一般口座から NISA口座に切り替えた場合、保有株式を全て売却した後に基準日までにまた買い戻した場合などにも要注意です。

「楽天キャッシュ」が付与される時期は以下の通り。

「楽天キャッシュ」
申込日 楽天キャッシュ付与期間
3月10日 ~ 3月31日 4月10日 ~ 4月21日
4月 1日 ~ 4月28日 5月15日 ~ 5月26日

楽天キャッシュの付与は申込順に処理されるため、数日程度ズレが生じるそうです。NBA の「LEAGUE PASS」については、後日メールでギフトコードの書かれた案内が届くので、指示に従って登録せよとのこと。「楽天ミュージック」「楽天マガジン」については、申し込んだ日から無料体験期間が始まります。90日以内に解約しない場合は自動継続として課金される点にはご注意ください。

<広告>


■ 2021年12月期の株主優待

2021年12月期の株主優待としては、2022年4月26日付けで「楽天キャッシュ」を、5月1日付けで「楽天トラベルクーポン」を頂きました。

楽天キャッシュ付与

旅行クーポンはせっかく頂いたのですが、結局新型コロナ禍への懸念もあって使いませんでした。温泉に行きたかったのは山々ですが致し方ありません。クーポンは国内宿泊予約のみに使用可能で、私の場合は予約申込期限 20221年7月末まで、10月末日までにチェックアウトする旅行が対象となっていました。

「楽天キャッシュ」の有効期間は、最後に残高の増減があった日から 10年間です。楽天市場での買い物で使ったり楽天Pay の残高に充当したりすることが出来るので、有効期限を気にする必要が事実上無い点は有り難いですね。