(新)タイトルいつ決めるのさ

何かの参考にして頂ければ幸いです。

アシックス(東証 1部・7936)から株主優待が届きました

アシックス(東証 1部・7936)から株主優待が届きました

アシックス優待 権利日は年2回、12月と 6月の末日です。

権利日に普通株式 100株以上を保有していれば株主優待を取得できる権利が付与されますが、株式の保有継続期間と保有株式数によって株主優待の内容に違いがあります。私の場合は今回初めて権利を取得しましたので、一番低いランクとなります。
上の写真の様な優待券の冊子として、12月の権利を取得した場合は翌年 3月下旬頃に 9月末日まで有効な優待券が、6月の権利を取得した場合は 9月中旬頃に翌年 3月末日まで有効な優待券が送られてきます。

冊子には実店舗で使う事の出来る割引券が 10枚と、オンラインショップで 10回まで利用することのできる割引コードが含まれています。少額の買い物でも気にせず使っていける点はいいですね。

■ 実店舗で利用可能な割引券

2021年2月末現在、全国各地の アシックスストア(11 店舗)、アシックスウォーキング(66 店舗)、アシックスキッズ(3 店舗)、アシックスランウォーク(3 店舗)、ウォーキングアウトレット(7 店舗)、ファクトリーアウトレット(27 店舗)、オニツカタイガー(30 店舗)、オニツカタイガーアウトレット(8 店舗)、Haglöfs(ホグロフス、5 店舗)の各店舗で優待割引券を使用することができます。

株主優待割引券は、1枚に付き 1万円までの買い物に使用することが可能で、複数枚使用することもできます。セール品の商品にも使用できるのは有り難いですね(但しオニツカタイガーを除く)。株主優待割引券と他の割引サービスを併用することはできません。また、修理・部品代・各種サービス(カフェ、ラボ、ランイベント、ランステーション等)の支払いに使用することはできません。

権利日時点での所有株式数と保有継続期間によって以下の様に株主優待の内容に差が付けられています。

株式数 / 保有期間 1年未満 1年以上 3年未満 3年以上
100株以上 300株未満 20%割引券x10枚 30%割引券x10枚
300株以上 30%割引券x10枚 40%割引券x10枚


■ オンラインショップで利用可能な割引コード

送られてくる株主優待割引券の冊子には以下のアシックス直営オンラインストアで使う事の出来る割引コードも記載されており、直営店が遠くにしかないという人でも利用することができます。

この割引コードは、有効期間内(優待割引券より 1ヶ月ほど短いようです)に 10回まで利用することが可能です。最低利用金額などは設定されていないようですが、アウトレット商品に使用することはできません(セール品はOKのようです)。また、「OneASICS」の会員登録を行っておけば全商品送料無料となります。ストア独自のポイントも付与されますので、是非登録しておくことをお勧めします。

権利日時点での株式保有継続期間によって以下の様に株主優待の内容に差が設けられています。

株式数 / 保有期間 3年未満 3年以上
100株以上 25%割引 30%割引

オンラインショップの支払い方法は、各種クレジットカードのほかにデビットカード、代金引換(手数料無料)、GMO後払い(コンビニ、郵便局・銀行で支払い)、Amazon Pay を利用することが出来ます。


■ 長期優待を狙う場合の注意点

アシックスの場合は、決算期末日および第 2四半期末日の時点で作成される株主名簿に同一の株主番号で 3回以上載った場合に「保有期間 1年以上」と判定され、7回以上継続して載った場合には「3年以上保有」と見做されます。

途中で売買することによって所有株式数が増減しても構いませんが、1株でも持ち続けていれば株主番号が変わることはありませんので、うっかり全部売ってしまっていたという事を避けるためにも「端株」を活用するのも一つの手でしょう。尚、貸株を利用している場合は証券会社や発行会社によっては途中で株主番号が変わってしまう可能性もありますのでご注意ください。

■ アシックスについて

今も神戸に本社とスポーツ工学研究所を構えるアシックスは、1949年に鬼塚喜八郎氏が「鬼塚商会」を立ち上げたことに始まります。「オニツカタイガー」のブランド名でバスケットボールシューズやマラソンシューズを送り出してスポーツ界に認知されるようになり、1977年に「株式会社アシックス」が誕生して今に至ります。主力は各種競技用シューズを初めとするスポーツシューズですが、ウェア、ビジネスシューズ、アウトドア用品なども取り扱っています。

ナイキとの関係については数年前に話題になったナイキ創業者のフィル・ナイト氏の自伝「SHOE DOG」で恨み節たっぷりに触れられていた(かなりワンサイド的な記述でしたが)一方でナイキ側もオニツカの技術者を引き抜いていたりと、色々と因縁があるようですね。

個人的には一番走りやすいのでほぼずっとアシックスのランニングシューズを履き続けています。一時は記録を出す陸上長距離の選手の多くがナイキの ” 厚底シューズ ” を履いていた事から、箱根駅伝の出場選手のほとんどの選手がナイキに流れてしまうという事態にまでなっていましたが、この 3月末にアシックスも新作の長距離用厚底シューズ「メタスピード」シリーズを出してきました。プロトタイプを履いてびわ湖毎日マラソンに出場し、見事自己ベスト更新となった川内優輝選手によると履き心地も上々とのことでしたので、今後の巻き返しにも期待したいところです。