(新)タイトルいつ決めるのさ

何かの参考にして頂ければ幸いです。


▼ 当ブログはアフィリエイトサービスを利用しており、リンクにはプロモーションが含まれます ▼
当ブログではアフィリエイト広告により得た収益をブログの運営・維持に充てさせて頂いております。提携しております ASP につきましては「プライバシーポリシー」よりご確認下さい。
尚、企業様より商品またはサービスの提供を受けて掲載した記事につきましては、別途「PR・プロモーション」カテゴリに分類し、記事冒頭にその旨を分かりやすく記載するよう心掛けております。
当ブログ記事の記載内容や広告の掲載方法に関するご指摘がございましたら「こちらのフォーム」よりお問い合わせ下さい。

東京計器から株主優待案内が到着!(東証プライム市場、証券コード 7721)

船舶航海用の各種計器や航空計器などを開発・製造・販売している「東京計器」(東証プライム市場、証券コード 7721) から株主優待の案内が届きました。昨今は株主優待制度の廃止を決める企業も多いですが、東京計器では 2021年の 1月に新設されました。たまたまずっと持っていたのですが、株主優待制度の新設など全く期待していなかっただけに IRリリースを見た時は驚いてしまったことを覚えています。

「東京計器」は、1896年(明治 29年)に「和田計器製作所」として東京都文京区で誕生しました。日本初の計器製造会社として圧力計・航海用計器(羅針盤や測深儀等)の製造を行い、後に「東京計器製作所」と社名を改めます。戦艦「三笠」「大和」「武蔵」などに搭載された羅針儀を開発、後に光学部門を現「ニコン」として分離独立させるなど、戦前から高い技術力を擁してきました。

戦後も国産旅客機の「YS-11」用の航法計器の製造や、H-Ⅰ・H-Ⅱロケット用の油圧ポンプの製造などを行っており、面白いところでは走行しながら新幹線の軌道や架線の検査を行うことの出来る「ドクターイエロー」に搭載されている検査機器なども製造しているそうです。

東京計器は F-4EJ や F-15J など戦闘機用の航法計器やレーダー警戒装置等も納入している事から防衛関連銘柄としても知られており、国家間の緊張が高まる有事の際には株価が乱高下することもあります。ただ、” 防衛関連銘柄 ” とされる株の中では石川製作所や細谷加工などに比べると有事の際の株価の感応度は低めのようですね。

■ 東京計器の株主優待の内容と権利取得の注意点

東京計器では、毎年 3月末日時点の株主名簿に 3単元(300株)以上の株式保有者として記載または記録された場合に株主優待を受ける権利を取得する事が出来ます。基準日時点の保有株式数に応じて下記の表のように 5段階にランク分けされています。

保有株式数 付与されるポイント数
300 株~ 499 株 3,000 ポイント
500 株~ 699 株 6,000 ポイント
700 株~ 999 株 9,000 ポイント
1,000 株~ 2,999 株 20,000 ポイント
3,000 株以上 50,000 ポイント

付与されるポイントは、「東京計器プレミアム優待倶楽部」という 株主限定の特設 Webサイト で 1ポイント ≓ 1円 として約 5,000種類以上の商品(2024年 5月現在)の中から好きな商品に引き換えることが可能です。今のところ、東京計器では長期株主優待制度は設定されていません。

とまあ、ここまではよくある株主優待制度なのですが、今回(2024年3月末日を基準日とする株主優待)からポイント付与の判定条件がかなり厳しくなってしまいました。

株主優待制度「東京計器プレミアム優待倶楽部」の株主優待進呈条件、繰越条件の変更に関するお知らせ(PDF)


かいつまんで言うと、以下の様な判定基準が設けられることとなりました。

 ① 中間期末(9月末日)と期末(翌年 3月末日)時点の保有株主数が 300株以上 であること。

 ② 期中に株主番号の変更が無いこと。

 ③ 期中に保有株式数の増減があった場合は、基準日時点で保有株式数の少なかった方で判定される。

東京計器の株主優待の権利を取得するには、年に 2回の基準日(9月末と翌年 3月末)の時点で 300株以上を保有している必要があるのですが、単に株主番号が同じというだけではダメで、いずれの時点でも 300株以上の株式を保有していなければ株主優待の権利を得ることが出来ません。期中で売買して保有株式数が増減しても株主番号か変わらないよう ” 端株 ” を活用している方も居られるかと思いますが、こちらの点には充分ご注意下さい。

条件変更 画像:東京計器 IR資料より(PDF)
例えば、9月末時点で株式保有数が 300株未満であったが、株主優待の権利を取るつもりで 3月末時点で 300株以上に買い増したとしても条件を満たしていないので株主優待の権利を得ることは出来ません。これは上位のランクの株主優待を狙う場合にも同じ話です。

所謂 ” 優待クロス ” などを排除する動きとしては有効かも知れませんが、はっきり言ってかなり面倒くさい条件です。ここまでやるならついでに長期株主保有制度も設けて欲しかったところですね・・・。ひょっとしたら今後他社にもこのような動きが広まってくるのかも知れません。

また、ポイントは 1回に限り翌年に繰り越して一緒に使うことも可能ですが、こちらも 3単元(300株)以上を継続保有し、9月末日と翌年 3月末日の時点で同一株主番号で連続 4回以上株主名簿に記載されることが条件となりました。ここでミスがあると 8月末でポイントが失効となってしまいますので、期間内に早めに使い切るか、或いは「WILLsCoin(後述)」に交換しておくことをお勧めします。

「WILLsCoin」への交換手数料は、株式保有年数 1年未満が 10%、2年未満が 5%、2年以上が 0% となるので、一応長期保有する意味はありそうです。貰ったその年に全て使い切ってしまう方には関係の無い話ではありますけどね。

<広告>

 


■ 「東京計器プレミアム優待倶楽部」

東京計器株主優待2024 3月来決算銘柄の株主優待の案内は 6月上旬頃から届き始めるものが多いのですが、東京計器の場合は 5月半ば頃に送られて来ます。普通は株式関係書類などと一緒に送られて来ますが、こちらの場合は「東京計器プレミアム優待倶楽部」の登録方法と概要が書かれたパンフレットだけが送られて来ました。中に書かれている株主番号と 9月・3月末の時点で株主名簿に記載された郵便番号を株主名簿に照らし合わせてチェックを行っているようです。

「東京計器プレミアム優待倶楽部」の初回登録は若干手間が掛かりますね。流れとしては以下の通り。

  ① 「こちら」のサイトで会員登録画面に進む。
  ② パンフレットに記載されていた株主番号と郵便番号を入力して次の画面へ進む
  ③ 規約に同意し、自身の情報(生年月日やメールアドレスなど)を入力する
  ④ 投資歴やスタイルなどの質問とアンケートに答える
  ⑤ 入力情報を確認し、登録する。
  ⑥ メールが送られてくるのでリンクを踏んで認証する。
  ⑦ ログインパスワードを設定する。

以上でようやく「東京計器プレミアム優待倶楽部」のサイトにログイン出来るようになりました。住所は変更可能なようですが、氏名は変更できないようです。優待権利の売買を阻止するためでしょうかね。ちなみに 2年目以降は登録済みのメールアドレスと設定したパスワードでログイン可能です。

パンフレットにはほんの一部しか交換できる商品が紹介されていませんでしたが、5,,000点以上の商品から選べるとされているだけのことはあって、もうほとんどネットショッピング感覚です。株主優待でよくあるお米や和牛肉といった食品類はもちろん、ワインや日本酒などの酒類も豊富です。

他にも家電製品(バルミューダやダイソンの製品も入っています)、生活雑貨からジュエリーまでよりどりみどりでした。高額商品の中には東京計器の 1年分の株主優待ポイントでは交換できないものもあるのですが、上でも書いたように条件を満たしていれば 1度のみ繰越ができるので、株式を売却するつもりがないのであれば翌年分と合算して高額商品を狙うというのもアリでしょう(家族名義のポイントを合算することはできません)。

またこのポイントは、「プレミアム優待倶楽部」制度を導入している他社の優待ポイントとも「WILLsCoin」という共通株主優待コインに交換することで合算してより多くのポイントが必要な商品と交換したり、有効期限を引き延ばしたりすることが可能です。『WILLsCoin』や「プレミアム優待倶楽部」については以下の記事でもう少し詳しく解説しておりますので、併せてお読み頂ければ幸いです。 個人的には東京計器の株主優待ポイントを持ち越すよりこちらの「WILLsCoin」に交換しておく事をお勧めします。東京計器のポイント持ち越しはちょっとリスクが高いかと。

このように、ポイントの繰越ができたり『WILLsCoin』に交換して他社の発行したポイントと共通化できたり(手数料はかかりますが)と、個人投資家にとってはわりと使い勝手も悪くない株主優待だと思います。カタログを貰ったけど交換したい商品が無いということもありますからね・・・。家電製品などは定価ベースでの提供となるので割高感はありますが、導入する企業もかなり増えて来ました。

掲載されている商品は「東京計器プレミアム優待倶楽部」「プレミアム優待倶楽部」共にちょくちょく入れ替えが行われているようです。これ欲しいなと思っても後で見たら無くなっていたということもありますので、迷うのは程々に(笑)。ポイント交換期限にもご注意下さい。


こちらは 2023年にポイントと交換して頂いたものになります。

この年は一旦『WILLsCoin』の方へ全てのポイントを交換し「プレミアム優待倶楽部」の方でサーキュレーターの老舗企業(?)VORNADO(ボルネード)の「533DC-JP」という DCモーターを採用したサーキュレーターを頂いてみました。

東京計器2023

申し込んでから届くまでに掛かった期間は約 2週間と、思ったより早かったです。ホワイトのカラーしか無いのがちょっと残念でしたが、大いに猛暑を乗り切る手助けとなってくれました。以下の記事でレビューもしておりますので、宜しければどうぞ。


こちらは 2022年にポイントと交換して頂いたものになります。

東京計器が株主優待制度を導入した年は『WILLsCoin』への交換手数料が免除されていたので、2021年の分のポイントと合算しました。色々ありすぎて迷いましたが、結局 BALMUDA の「The Lantern」というバッテリー内蔵で持ち運ぶことの出来る LEDランタンを頂きました。こちらの製品は「東京計器プレミアム優待倶楽部」の優待品リストには載っておらず、「プレミアム優待倶楽部」の方の掲載品です。この「優待倶楽部」の優待品の発送は三越が受け持っているようですね。百貨店の包装紙で纏われたものが届いたのは久しぶりです。

東京計器2022東京計器2022-2

「BALMUDA The Lantern」のレビューは以下の記事に掲載しています。宜しければ併せてご覧下さい。 申込みから 3週間程度で届くと書かれていた気がしますが、結局 1ヶ月ほど掛かりました。まあ別にいいんですけどね。定価ベースにはなりますが、好きなものに交換できるというのはいい制度だと思います。

後日残っていたポイントの一部を「麺屋いろは」の「富山ブラック」というラーメンと交換しました。

東京計器2022-3東京計器2022-4

1箱 2食入りが 20箱の 40食です。煮干しの風味が効いた魚介スープのラーメンで旨いのは旨いのですが、やはり関西人の私的にはスープが真っ黒すぎてちょっと怯みますね。まあ夜食にしたり昼食にしたりとそれなりに役立ってくれました。でもこれはもう私的にはいいかな・・・(苦笑)。残ったポイントは『WILLsCoin』に交換して次年度に持ち越すことにしました。