(新)タイトルいつ決めるのさ

何かの参考にして頂ければ幸いです。

Justsystems の「Shuriken」で iCloud のメールが受信できない場合の原因と対処法

もう長いこと Windows PC の電子メールクライアントには JustSystems の「Shuriken」というソフトを使っています。 (現行最新版は「Shuriken 2018」。パッケージ版とダウンロード版がありますが後者で十分だと思います。)

Shuriken」を使えば So-net や G-mail はもちろんのこと、iCloud のメールも全て一つのソフトで管理することができ、迷惑メールフィルタや遅延送信機能(作成途中で誤って送信してしまうのを防いでくれます)、キーワードやアドレスを設定しておくことで自動で色々なフォルダに仕分けしてくれる機能などが充実していてとても便利なので愛用していたのですが、今日になって突然 iCloudメールの送受信が出来なくなってしまいました。

iCloud のメールアドレスはメインで使っている訳では無いですし、iPhoneiPad からは正常に送受信できるので諦めてしまってもよかったといえばよかったのですが、ちょっと調べてみたところ・・・。

結論から言うと原因は「iCloud の 2 ファクタ認証」でした
 

今日やったことと言えば、iPhoneiPad の iOS10.3 へのアップデート。そういえば端末の再起動時に「2 ファクタ認証」を使うかどうかの選択画面が出てきて、セキュリティ向上になるならいいかと特に考えることもなく使う設定にした結果、メールサーバーへの認証時に弾かれるようになってしまったというわけです。解決方法ですが、

これは「 App 用パスワードを使う」 ことで回避することができます
 

具体的には

  1. Apple ホームページ下部の「Apple ID の管理」からアカウントページにサインイン。
    (2ファクタ認証が有効になっているとiPhoneなどに6桁のパスコードが表示されるので、
     それを使ってサインインします。)
  2. 「セキュリティ」の「App 用パスワード」の下の「パスワードを生成」をクリック。
  3. 「Shriken」など区別しやすい名前を入力して「作成」をクリック
  4. App 用パスワードが作成できたら、Shuriken の「設定」→「アカウント登録設定」→
    「受信」と進み、今まで使っていた iCloud のパスワードの代わりに新しく発行した App 用
    パスワードをコピペしてやればOKです。

以上で今まで通り使うことができるようになるはずです。恐らく Shriken 以外の他のメールソフトでも同様の設定で大丈夫だと思います。 参考までに Shuriken での iCloud メール送受信設定値を載せておきます。お役に立てましたら幸いです。 

受信設定
設定項目 設定値
受信(IMAP4)サーバーの名前 imap.mail.me.com
ユーザー名 iCloud ユーザー名)@me.com
パスワードの保存 する
パスワード (発行したApp 用パスワード)
受信サーバーポート番号 993
SSLを使用 する
STARTTLSを使用 しない
送信設定
設定項目 設定値
送信(SMTP)サーバーの名前 smtp.mail.me.com         
送信サーバーのポート番号 587
SSLを使用 する
STARTTLSを使用 する
送信前の受信サーバーによる認証( IMAP before SMTP しない
SMTP認証 する
SMTP認証に受信サーバーのアカウント情報を使う

使う

   

Shuriken 2018 通常版 DL版|ダウンロード版

Shuriken 2018 通常版 DL版|ダウンロード版

  • 発売日: 2018/02/09
  • メディア: Software Download