(新)タイトルいつ決めるのさ

何かの参考にして頂ければ幸いです。

Amazon で「二段階認証」を設定する方法を解説         ー 日本も米国も利用する方は設定しておきましょう ー

Amazon では不正なログインを防ぐ為に「二段階認証」を設定しておくことができます。「二段階認証」は、通常のアカウント名とパスワードの組み合わせに加えて別の手段によって入手するワンタイムパスワードを使ってログイン時の安全性を高めるものです。アカウントを乗っ取られてしまったなどという話もちらほら聞きますので面倒くさがらずに設定しておくことを強くお勧めします。

Amazon のログインに二段階認証を利用する方法はいくつか用意されています。

  1. 携帯電話(スマホ)の SMS(ショートメッセージサービス)を利用する方法
  2. 電話の自動応答音声によって認証コードを入手する方法
  3. スマホタブレットの認証アプリ(GoogleMicrosoft の Autenticator)を使用する方法

Amazon 以外でも良く使われている SMS認証が最も一般的なのでしょうが、Amazon の二段階認証を設定するにはバックアップ手段の設定も必須となっています。将来的な電話番号の変更や故障などでログインできなくなるというような事を防ぐためなのでしょう。

■ 日本の Amazon で二段階認証を設定する方法

まずは日本の Amazon で二段階認証を設定する方法について見ていくことにします。というのも日本と海外(英・米など)の Amazon ではアカウントが分かれているのですよね。まあ海外通販をしない人にはどうでもいい話ではありますが。

Amazon二段階認証-1 PC で設定する場合は Webブラウザから Amazon のサイトにログインし、上部にある検索ボックス横の「アカウント&リスト」へマウスカーソルをのせると吹き出しが表示されるので、「アカウントサービス」をクリックします。アプリからは左上の「」から「アカウントサービス」です。

Webの場合は左のような画面になるので、「ログインとセキュリティ」を選択します。アプリの場合は「アカウント設定」のところにあります。
すると下の左側のような画面になるので「2段階認証の設定」の「編集」をクリックします。次に二段階認証の仕組みの説明画面が現れるので「開始方法」をクリックします。

Amazon二段階認証-2a

ここから大きく電話番号を使った認証方法とスマホなどの認証アプリを使った方法に枝分かれします。

Amazon二段階認証-3  ●電話番号を使った認証方法
  ・SMS を使う方法
    最も一般的な方法ですよね。スマホに SMS で届くコードを使って認証します。
  ・音声通話による認証
    電話番号を入力すると折り返し Amazon から自動応答メッセージで認証コードを報せる電話
    が掛かってきます。メモなどを用意しておいた方がよいでしょう。
 ●認証アプリを使用する方法
Google Authenticator    右は「Google Authenticator」の場合の例です。「バーコ
   ードをスキャン」から画面に表示されている QRコード
   アプリのカメラで読み取ると 6桁の認証コードが発行され
   ます。これを先ほどQRコードが表示されていた画面に入力
   し、「ワンタイムパスワードを確認して続行」をクリック
   すると認証アプリとAmazonアカウントがリンクされます。
この認証アプリについては「Google Authenticator」と「Microsoft Authenticator」が使えることを確認していますのでどちらでもお好きな方をどうぞ。どちらも無料で使う事ができます。勿論 iOS版だけでなく Android版のアプリも Google Play に用意されています。

 


最後に確認画面が表示されますので「わかりました。二段階認証を有効にする」をクリックすればOKです。「このブラウザーではワンタイムパスワードを必要としない」にチェックを入れておくと同じ端末から Amazon にアクセスしている場合はキャッシュの削除などをしない限り次回から二段階認証をスキップすることができます。よく使う端末の場合はチェックを入れておくとよいでしょう。

Amazon二段階認証-4

以上で二段階認証が有効になりました。認証アプリについては「新しいアプリの追加」から iPhoneiPad のように別々の端末からも登録しておくことができます。いちいち別の端末で認証する必要が無くなるので追加設定しておくとよいでしょう。スマホがもし壊れてしまってもタブレットで認証という保険にもなりますし。

二段階認証を解除する方法についても書いておきます。

  1. 上部検索ボックス横の「アカウント&リスト」から「アカウントサービス」→「ログインとセキュリティ」→「2段階認証(2SV)の設定」へ進み「2段階認証」横の「無効化」ボタンをクリック。
  2. セキュリティコードの入力が求められるので現在設定している手段で認証コードを入手して入力。

何らかの事情で最悪アカウントにログイン出来なくなってしまい、「万策尽きたー」の場合は、身分証明書などを送ることで対処してもらうことも可能です。詳しくは「こちら」の手順に従って下さい。オンライン上で手続きはできますが、それでも数日程度はかかると思っておいた方がよさそうです。

■ 米国等の Amazon で二段階認証を設定する方法

上でも書いていますが、日本の Amazon アカウントと海外のアカウントは別のアカウントとしての扱いになっています。ところが、米国と英国の Amazon などは共通のアカウントになっていて、同じアカウントを使ってどちらの国の Amazonサイトにもログインできるようになっています。

文言が英語に変わっているだけで操作は日本の Amazon と同じです。

米尼二段階認証-1

HP の「Account & Lists」から「Login & security」に進み、「Two-Step Verification (2SV) Settings:」の「Edit」をクリックして「Get Started」で設定に入ります。

米尼二段階認証-2

SMS で認証コードを受け取る場合は、国名で「Japan +81」を選択して先頭の「0」を除いた電話番号(080-123-4567 の場合は 801234567)を入力して「Send code」をクリックし、送られてきたコードを使って認証ます。キャリアによっては国際SMS をブロックしているところがあるのでキャリアの設定を変更するか認証アプリを使って下さい。

認証アプリは日本と同様 GoogleMicrosoft のものが使用出来ます。「Authenticator App」のラジオボタンをクリックし、表示されている QRコードをアプリのカメラで読み取ってワンタイムパスワードを入手してください。


日本のみならず海外でもフィッシング詐欺はよく行われているそうです。不正利用については Amazon はかなりきちんとした対応をしてくれるようですが、漏れてしまった個人情報は売買されてしまうケースもあるようですし、どこでどのように使われるか分かりません。クレジットカードを登録していた場合は再発行が必要になるケースもあったりと余計な手間も掛かってきます。自分の身を守る為にも二段階認証は必ず設定しておきましょう。