(新)タイトルいつ決めるのさ

何かの参考にして頂ければ幸いです。

KDDI(東証1部・9433)から株主優待の案内が届きました

KDDI から優待の案内が届きました。概ね株主総会の行われる 6月上旬くらいに送られてくるようです。

KDDI は言わずと知れた日本を代表する通信会社御三家のうちの一つで、連結売上高 5兆円、営業利益 1兆円越えを誇っています。1953年に旧・電電公社から国際通信網整備の為に分離されて国際電信電話株式会社KDD)としてスタートし、1985年の通信自由化以前は独占的に国際通信を行っていました。2000年になって第二電電(DDI)、日本移動体通信IDO)と合併し、幾度かの社名変更を経て2002年より現在の「KDDI株式会社」となっています。祖業の国際電話事業のほか光回線auひかり)、携帯電話(au)、プロパイダ事業やショッピングモール(Wowma!)など事業展開は多岐に渡り、傘下には au のサブブランドである UQ mobile やこのところ認知が広まりつつある「v6プラス」を提供している VNE(Virtual Network Enabler :仮想固定通信提供者)の JPNE(日本ネットワークイネイブラー)、じぶん銀行J:COM などがあります。

2020年3月期の配当予想は 110円とされており、2002年度以降今のところなんと 18期連続増配予定となっています。株価は携帯電話料金の引き下げや端末販売時のショップへの報奨金の規制などで一時かなり売り込まれましたが、堅調な業績予想と配当利回りの良さなどもあってかその後徐々に回復基調にあるようです。

権利日は配当については年 2回ありますが、株主優待の権利が取れるのは 3月末日の年 1回のみです。普通株式 100株以上の保有者に権利が付与され、「保有株式数」と「保有期間」に応じて右の表のように 4段階に内容が分けられています。それぞれの段階に応じたカタログギフトが贈呈され、KDDIが運営する総合通販サイトの「Wowma!」が取り扱っている商品の中から自分で選ぶことが出来るので楽しみがあっていいですね。優待の申込をするにあたって「Wowma!」へ登録する必要は特にありません。申込には期限があるのでその点だけは要注意です。

保有期間については必ずしも 5年間以上継続保有している必要があるわけでは無く、途中で一旦売却して買い直した場合でも各権利日の 9月30日と 3月31日時点で保有していれば同一の株主番号として扱われるため優待を取ることが可能です。ただしいずれかの時点で株主番号が変わってしまうと継続保有期間の記録はリセットされてしまうので注意は必要です。再購入した時点で住所や証券口座が変わった場合も株主番号が変わってしまいます。

KDDI優待カタログ うちに届いたのは一番下のランクの「花月コース」です。2019年度のカタログの内容は以下の通り(PDF)。寄附以外は全て食品です。


どれも美味しそうで目移りしてしまいます。
これらのカタログギフトの他に au 契約時に使えるキャッシュバッククーポンと Wowma!の 500円引きクーポン、英会話スクールの割引券が同封されていました。ただし、au のクーポンは「株主優待」ではなくあくまでもサービス紹介の為のものなのだそうです。総務省に怒られたくないのですかね(笑)。

これから暑くなりますしとりあえず「十勝白い牧場アイスクリーム」を申し込んでみることにしました。バニラ、ハスカップクリームチーズ、ストロベリー、赤肉メロンの 5種各 80㎖x10カップ入りだそうで、1個あたり 300円とハーゲンダッツをも上回る高級アイスクリーム。どのような味か楽しみです。