(新)タイトルいつ決めるのさ

何かの参考にして頂ければ幸いです。

スマホを iPhone 8 に変えました

iPhone 8 外箱 スマートフォンiPhone SE から iPhone 8 へ買い換えることにしました。iPhone SE の手に持った時のサイズ感は非常に気に入っていたのですが、どうにもこのサイズの後継機は今後出そうにも無いのと Apple Pay を使えるようにしたかったこと、悲しいかな老眼というものが入ってきてしまったようで出先などで操作しようとするとちょっと見にくく感じる事が出てきていたのです。IP67(水深 1mで 30分水中に置いても壊れない)の防水機能もあるのでこれまでよりも安心して使う事が出来そうです。

関東だとかなり条件の良い美味しそうな契約があったりするようですが、残念ながら神戸付近ではなかなか見かけません。そこでややリスクはありますが、ちょうど早めに使い切らなくてはならないポイントの残りや割引クーポンも出ていたのでヤフオク!で新品として出品されているものを調達することにしました。ついでに今使っている iPhone SE も処分することにします。オークションなどで購入する際は出品者の評価の確認はもちろんのことですが、15桁の「IMEI( International Mobile Equipment Identifier:国際移動体装置識別番号)」から判別できる各キャリアの「ネットワーク利用制限」の状態と Apple 公式HPから製品シリアルNo.を使って「保証状況の確認」をしておくことでリスクのかなりの部分は回避できると思います。

特に「ネットワーク利用制限」の状態確認は必須です。「ネットワーク利用制限チェッカー」などのサイトからも確認することができますので新品・中古に関わらず必ず確認しておきましょう。「〇」になっていれば問題ありませんが、「△」だった場合は端末の支払いが分割になっていたりして終わっていない場合があり、今後電話として使えなくなってしまう可能性があるので要注意です。よほど価格が安いとかで無い限り手出し無用でしょう。(端末購入サポートを使っているなど明確な理由がある場合は除きます。)「×」は所謂「赤ロム」という状態で支払いが止まっていたり盗品だったりするので論外です。

Apple のサイトの「保証状況の確認」からは、修理サービスや無償電話サポートを受けられる状態かどうかを確認することができます。また、Apple 製品は購入から30日以内であれば AppleCare に加入することができますが、こちらのページで「AppleCareに加入すれば~」といった表示が出ている場合は加入可能期間内であることを示しているので新品かどうかの判断の一助にはなるかと思います。

また、SIMロック解除の可否についても確認しておいた方がよいでしょう。格安SIM を使う際に制限を受けることになりますし、将来的に売却する際の価格にも影響してきます。また、iPhone 8 は一部にロジックボード不良によるリコールがかかっています。今販売されている分は問題無いとは思いますが、念のため一応チェックしておく事をお勧めします。(特に中古入手時など)


今回は幸いなことに期待通りのものを手に入れることができました。ネットワーク利用制限や商品の状態にも問題ありませんでしたし、「保証状況の確認」を見るに AppleCare への加入も可能となっていましたし確かに商品説明通り購入から数日しか経っていないものでした。配送手段がヤフネコだったので荷物追跡の反映が非常に遅いためきちんと発送してくれたかどうかがなかなか確認できず、この点にだけは若干気を揉ませられましたが、まあこれはヤフネコの問題ですね・・・。


購入したのは Gold カラーの 64GB モデル。写真は早々に iCloud経由で PC へ取り込み、音楽ファイルは多少転送しますが出先では SpotifyAmazon MusicRadiko で十分ですし家では NAS から再生してもいいので私の場合容量が不足することははないかなと思います。私はスマホでゲームをすることはほぼありませんし以前の iPhone SE も 64GB で不便を感じたことはありませんでした。

iPhone 8 中身 iPhone SE の頃はイヤホンがきちんとしたプラスチックケースに入っていましたが、コストカットのためなのかかなり手抜きになったのですね。こういった所を Apple がケチってくるのはちょっと意外でした。更に9月の価格改定分から Lightning-3.5mm イヤホンジャック変換アダプタが付属しなくなってしまいましたが、幸い私が購入した分はキャリアの在庫だったのかまだ付属していました。ただこのアダプタは iPad Pro が USB Type-C に移行したこともあって短命になってしまいそうですね。
液晶保護フイルムは iPad Pro 9.7 の方で使っていて気に入っていた Nimaso の下記商品にしました。

iPhone 8 ガラスフィルム このフイルム、2枚入りな上に付属品が非常に充実しています。貼り付け時のクリーニングシートなど以外に樹脂製のフイルム貼り付け用のガイド枠が付いていて、左の写真のように iPhone 8 に嵌めるだけで指紋センサーやスピーカーの位置に特別神経を使う必要がなく簡単に貼り付けることができます。フイルムを貼り付けても画面の感度はとても良く、操作にストレスを感じるようなことはありません。私の場合は周囲が浮いて来てしまうようなこともありませんでした。こちらのメーカーはレビューを見る限りかなりアフターサービスが良いようです。
iPhone 8 は背面もガラス製になっていてとても美しいのですが、いくら強化ガラスが使われているとは言ってもやはり落下した時のことを考えると怖い・・・。ということで iPhone SE でも使っていた Spigen の TPUケースも併せて購入しました。 iPhone 8 spigenケース 各種スイッチやスピーカー・マイクの動作、Lightning ケーブルの差し込みなどは全く支障ありません。カメラレンズの出っ張り部分もきちんと保護されていて、机などに置いても直接レンズが接触しないようになっています。ケースによっては iPhone の背面が吸着してしまってモアレのような模様が生じてしまうものがあるようですが、こちらの製品は空気の通り道を確保しているそうで、そうした問題は出ていません。価格も手頃でよいのですが、このケース、残念なことに背面への指紋や指の油分の付着がかなり凄いです。他に良さそうな物が見つかれば買い換えるかも?
iOS 12iPhone SE でもかなりサクサク動いていましたが、やはり A9 から A11 Bionic への CPU の世代交代と第2世代 Touch ID の指紋認証の速さで快適さが大きく改善されていますね。

iPhone 7 以降はイヤホンジャックが省かれてしまっていますが、移動中は Bluetooth イヤホンを使っていますし、寝る前に音楽を聴く時などは ONKYO の「 DAC-HA200 」というポタアンを使っているので特に問題無く使っています。特に iPhone と併せて使う場合は、「beats x」、「Powerbeats3」といった「W1チップ」を搭載した製品はペアリングが簡単なこと以外に「音が途切れない」という素晴らしいアドバンテージを持っているので強くお勧めします。購入してから共に 1年半ほど経ちましたが、今のところ故障もなく使えています。興味のある方は以前に簡単なレビューをしていますので参考にして頂けると幸いです。


さて、購入理由の一つである「Apple Pay」ですが、予想以上に使いやすいですね。第2世代の Touch ID のおかけで認証もとてもスムーズで驚きました。これでランニングに出る時に Quick Pay のカードを持ち歩かずに済みそうです。また、11月上旬から「Ponta」カードを iPhone の「Wallet」アプリに登録して連携させることが出来るようになりました。このおかげでローソンで Apple Pay を使う場合には決済時に「Apple Payで」と伝えることで Apple Pay で支払いをすると共に自動的に Ponta ポイントも貯めることができるようになっています。(ローソン以外では Ponta カードの有無を聞かれた時に「iPhoneで」と伝えることで iPhonePonta カードとして使う事ができます。)とても便利なので是非登録しておくことをお勧めします。

https://www.ponta.jp/c/applewallet/index.htm


容量もとりあえず必要なアプリを入れ、ALAC のファイルを中心に 500曲ほど入れてみましたがまだ半分ほどは残っており、私の場合は予想通り 64GB で問題なさそうです。まあもし必要になりそうだったら月額課金とはなりますが、月に僅か 130円払うだけで iCloud の容量を 5GB から 50GB に増やすことが出来るのでそちらを検討してもいいかなと思っています。UQ mobile に乗り換えたおかげで回線料金も随分低く抑えられるようになっていますしね。